開業して初めにすべき事が、間違っていませんでしたか?

独立開業して間もない頃は、不安を抱えながらも夢と期待に胸を弾ます毎日だった事でしょう。

お客様は、友人、知人、前の職場の人など、紹介での仕事が多く、特別営業しなくても仕事が舞い込んで来ていませんでしたか? しかし3年も経ったらどう でしょう!かなり紹介仕事も減っていませんか? イヤ、1年で「こんなはずではなかった...。」なんて思う方もいると思います。

そんな結果を招いた原因の一つとして「営業が苦手」という事が考えられます。

現在は、同業者のライバルも増えて、価格競争の波に飲み込まれ、人脈だけに頼ったツケが回って来ているのではないのでしょうか。
最初に「マーケティング=仕事が来る仕組み」を学ばなければ、必ず「壁」に突き当たります。

自分の仕事の勉強をするのは当り前としても、最初に学ぶべきは「仕事が来る仕組み作り」なんですね。特に士業の方やコンサル、コーチング、講師業等の方 は、この部分が疎かになる事が多いようです。先生と呼ばれる立場の方も、あなたを頼りにして来る顧客のために仕事が来る仕組み作りを学ぶべきなのです。

どんな依頼・相談でも引き受けていませんか?

一般的に、事業が軌道に乗るのにおおよそ3年程度だと言われています。しかし、3年経っても事業の柱となるものが決まらず、どんな依頼や相談であって も、どんなに低料金であっても、仕事を簡単に引き受け「何でも屋」になっている人がいます。 (ココで言う「何でも屋」は「便利屋」という業種とは違います。)

「何でも屋」になれば、色々な仕事が、色々な人から依頼、相談されて良いように思いますが、決してそうではありません。「自分が何屋かわからない」とい う声に象徴されるように、自分のやっている仕事に迷いが生じてきます。つまり事業の柱となるものが決まらない状態なんですね。

もし、あなたがこんな状態なら、とても危険な状態にあると言えます。
何故なら、あなたの事を本当に必要としているお客様から依頼、相談が来る可能性が極端に低いと考えられるからです。

専門業務と呼べるものはありますか?

「何でも屋」は危険です。仕事が来る事がとても難しい状況になります。顧客から問い合わせが、しにくくなるのです。

チョッと考えてみて下さい。「○○専門」と書かれていたら選ぶ確率が高くありませんか?
例えば「相続専門の弁護士」とか「離婚専門の弁護士」。専門を謳ってない弁護士さんより、相談事によっては選びやすいはずです。商品もそうですよね。例え ば「油汚れ専用洗剤」「朝専用コーヒー」等。多分あなたも選びやすいと感じているはずです。

自分を商品としている士業、個人事業主の方も、専門業務を作って「○○の専門家」と見られた方が、お客様は問い合わせしやすいのです。

専門家と呼ばれるための「個人ブランディング」

専門家はお客様から選ばれやすいと言っても、ライバルが多くて「○○の専門家」と言ってもなかなか選ばれないと考えてる人もいると思います。また、自分 には特別専門と呼べるものがないし、どうしたらいいのかわからないという人もいるかもしれません。

でも大丈夫です! 「個人ブランディング」に取組めば、ライバルとの違いを出せる専門家になれるし、何もないとお考えでも専門性は作り出せます。

なぜ個人ブランディングなのか

ところで、あなたはブランドと聞いて、どんなイメージをされますか?
ブランドと聞くと、高級な商品を思い浮かべる人がいるでしょう。 ある人は化粧品を、ある人はBagを、また、ある人はロゴマークでしょうか。あるいはカッコいいパッケージ。更に個人ブランドとなると、芸能人、スポーツ選手、政治家等の 有名人を思い浮かべる。 近年では、地域ブランドと呼ばれるものも思い起こされます。

これらは全て、ブランドと言っていいものです。
極端な事を言えば、頭に浮かんだもの、イメージされたもの、連想されたものは、全てブランドと呼べます。 頭 に浮かぶ、イメージする、連想するという事は、そのモノを認識しているという事です。 この事は、とても重要なことです。頭に浮かばないという事は、選ばれないと いう事に繋がるのです。 ビジネスに於いて選ばれないという事は、お客様が来ないという事ですね。

ブランディングは、相手にイメージを植え付ける作業だと言ってもいいのです。

つまり、個人ブランディングで専門家に見られるようになるという事は、お客様に「○○の事なら●●さん」という専門家というイメージを植え付ける作業を 行うという事になるのです。

「自分は特別な専門と呼べるものがない」は誤った認識です

個人ブランディングが専門家に見られるのに有効だという事は理解頂けたと思いますが、よくこんな言葉を聞きます。

「専門業務と呼べるものがあってもライバルが多 くて...。」

「自分には、特別に専門と呼べるものがないので 無理。」

この言葉には、大きな誤解があります。

「自分には特別なものがない」というのは、自分自身のことをよく知らないだけです。周りから見たら特別な事でも、なかなか自分自身を客観的に見見る事が できず、認識できないのです。

また、士業の方のように「専門と言っても同じようなサービスを提供しているライバルが多いので、差別化できない」という発想も同様な誤解です。自分自身 のことがわかっていないだけです。ライバルより優れているところが必ずあります。
例えば、自分の得意な事を考えてみて下さい。申請書類の代書が得意で、ライバルが三日間かかるのを一日で、かつ正確に仕上げられるとしたら「申請書類を たった一日で正確に作成する●●事務所」というブランディングも可能です。
また、特別なスキルやメソッドである必要はありません。他の人より少し突出した部分を自覚出来るかどうかという事です。例えライバルが同じ強みと呼べるも のを持っていたとしても、商品を提供するお客様が違えば差別化は出来ます。20代の客層を市場にするのか、50代をお客様と想定するのかでは、違うという 事です。

つまり、重要なのは「誰に」「何を見せるのか」と いう事です。これは、マーケティングそのものであり、ブランド構築のために必要な要素です。

個人ブランディングに取り組めば、顧客から問い合わせが来るのに何が必要なのか分かり、マーケティングの知識も身につくという事です。

安心して下さい。丁寧に説明させて頂きます!

私、小渕は以前、代議士秘書を務めていました。その衆議院議員公設秘書時代に恩師からよく聞かされた言葉があります。
「一心を持って万友に交わる 二心を持って一友に交わらず」
政治は人間関係で成り立っているから、守らなければならない事だと何度も聞かされました。
有権者をはじめ周囲の人から信頼される政治家と、お客様から信頼される経営者は同じなのです。
私は常にこの言葉を胸に、お客様に接しています。

大丈夫です!私にお任せ下さい

「小渕さんのアドバイスを受けると、ヤレる気になるんです。」「小渕さんと話していると、何故か自信が湧くんです。」 クライアントさんから、よくこん な言葉を聞きます。
どうも私の会話は、相手のヤル気を引き出すようです。
そう言えば、代議士秘書時代も選挙戦の最中、候補者から同じような言葉を聞いた事があります。
「勇気が湧いてくる」「勝てる気がする」「疲れを忘れて頑張れる」等々の言葉を頂きました。

また、20年程前に産業カウンセラーの資格を取った時の学習が影響しているのか、相手の内なるものを引き出し、聴き取る力がヒアリングにおいて発揮され ているようです。

まずは「個人ブランディング」のポイントを説明いたします

「個人ブランディング」に取組めば、顧客からの問い合わせは増えるし、マーケティングの知識が身につくと言いました。しかし、人によっては誤った方向に 進んでしまう方もいます。
例えば、見せ方ばかり気にして自分を大きく見せようとすると、信頼をなくし悪いイメージを植え付けます。これではブランドと言っても「悪のブランド」に なってしまいます。
また、何でもいいから名前が売れればいいという、本来のブランディングの目的からズレてしまう事もあります。ですから「個人ブランディング」というものを 正しく理解して頂けれるように、ポイントを絞ってお話いたします。

個人ブランディング入門セミナーのご案内

「個人ブランディング入門セミナー」では、次の事が学べます。

1.ブランドづくりは、あなたにとってどう役立つのか?

ブランドとは、どういうものなのかをハッキリさせ、ブランドとブランディングの違いについて、明確にします。また、ブランドを構築するメリットと共 に、顧客があなたのファンに変わった瞬間、何が起きるのかをお伝えします。

2.絶対外してはならないブランディングのポイントとは?

ブランドを構築する場合、初めに知っておかなければならない注意点をお伝えします。これを無視するとブランドの構築は無理だと言っても過言ではあり ません。そして、ブランドを構築するに当たり、理解しておかなければならない3つの価値をお伝えします。この価値について理解しておかなければ、ブラ ンド構築は中途半端なものになります。

3.必ず理解したいブランド構築のキーワード

ブランドは「信頼が全て」です。この信頼を得るために必要な、3つのキーワードをお伝えします。このキーワードを理解しているのとしていないので は、ブランド構築のスピードが違ってきます。

4.信頼を得るファーストインプレッション

ファーストインプレッション=第一印象は、ブランド構築の最初の一歩と言えます。これを間違えると、ブランド構築に大きな影響を与えます。また、よ く勘違いされる最初の接触の時期等、信頼を失わない第一印象について具体的に説明します。

是非とも、今すぐセミナー受講をお申し込み下さい。

個人ブランディング入門セミナー

■ 日 時   2017年8月23日(水)

                    午後1時30分 から 3時00分まで

■ 場 所   株式会社レイコーポレーション 銀座オフィス ミーティングルーム

■ 受講料   8,000.-(税込)

■ 定 員   限定10名

■ 内 容   ・ブランド構築はどう役立つのか
        ・外してはならないブランディングのポイントとは
        ・必ず理解したいブランド構築のキーワード 他

■ 講 師   小渕良子(こぶちよしこ)img00
        ・ブランディングプコンサルタント
        ・株式会社レイコーポレーション代表


*************************************************************

■受講料のお支払は、銀行振込でお願い致します。
■振込先は、「受講受付メール」にてお知らせ致します。


追伸 個人ブランディング相談受付中!

個人ブランディングに関してご相談をお受けしています。
http://landing.brandingsupport.net/で お申込下さい。 


株式会社レイコーポレーション

〒108-0014 東京都港区芝4-18-3   TEL.050-3473-3977(小渕直通)
mail : info@raycorporation.jp

HPはコチラ ⇒  http://raycorporation.jp

ページの先頭へ